移転価格税制に対処する敏腕弁護士|離婚や交通事故にも適切弁護

夫婦

税率の違いからの問題

弁護士

移転価格税制は、海外展開する会社の多くに適用される制度です。税率の違う国で経営している会社へ公平な額の税を払わせるものですが、税務局の調査によっては過剰な額の税を払わせられる場合もあります。弁護士に相談することで、二重課税などのリスクを避けられます。

Read More...

法人から個人までの対処

女性

東京の港区や大阪などの土地には、企業にとって強い味方となってくれる弁護士事務所が多くあります。弁護士を顧問として雇うことで、移転価格税制などの難しい問題にも対処してくれるでしょう。移転価格税制は、調査を行なう税務局によって掛けられる税金が左右されるので、二重課税など所得に対して大きな額の税を支払うことにもなりかねません。東京や大阪の弁護士事務所では、移転価格調査を行ない、税務局を納得させられる証拠を集め、正確な文書化を行なってくれるため二重課税などの問題を回避できます。企業ブランドや特許などといった無形資産は、所得として計算するのは難しいので、無形資産の存在により更生を受ける場合もあります。弁護士はきちんとこの無形資産による収益も計算し、税務局に認めさせる書類を作成してくれるので、非常に頼りとなるのです。

弁護士や税理士といった税や法の専門家は、企業の業務に対するサポートだけではなく、一般の個人へのサポートも幅広く行なうものです。交通事故による問題が発生した場合、こちらに有利になるよう取り計らいを行なってくれます。事故を起こした側であれば、相手と穏便に和解ができるよう間に立って交渉を行なってくれます。交通事故を起こされた側ならば、こちらが納得の行く保障が得られるよう、あらゆることに手を尽くしてくれるのです。離婚問題にも対処を行なってくれます。現在では熟年離婚などの問題がメディアでも多く取り扱われています。相手の承認が得られずとも、家庭裁判所での離婚調停により、円満に離婚ができるようこちらに有利な弁護を行なってくれるのです。企業の利益から個人のトラブルまで、さまざまな問題に対処してくれるでしょう。

企業間でのトラブル

案内

会社同士での契約を行なった場合、相手の会社が業務を不履行にすることや、明らかな手抜きを行なってくる場合もあります。他社との契約がうまく行なえない場合は、大阪の弁護士に相談しましょう。企業間トラブルに対して高いサポートを行なってくれるのです。

Read More...

正確な申告書作成

裁判

港区の税理士事務所では、税務署でもきちんと受け取ってもらえる申告書の作成を行ないます。わずかな書類の作成ミスがある場合にも、税務署は申告書を受け取ってはくれません。正しい決算の算出と申告書の作成法を知る税理士に依頼し、作成してもらいましょう。

Read More...

Copyright ©2016 移転価格税制に対処する敏腕弁護士|離婚や交通事故にも適切弁護 All Rights Reserved.